西島悠也がもっと知ってほしい同人誌文化。

西島悠也|同人誌とは

 

西島悠也

 

 

同人誌とは何か?

 

日本における同人誌の始まりは明治時代の『我楽多文庫』など文学、小説、俳句、短歌の同好の士が発表の場を求めて自費で雑誌を刊行したことに始まる。

 

これらの同人誌は『文学界』『新思潮』『白樺』のように近代文学の発展に大きな役割を果たし、名作と呼ばれる文学作品の中にも初出が同人誌だというものや、文豪と呼ばれる作家を輩出したことも多数あり、それに伴い文学において同人誌は一定の地位を得る物であった。

 

しかし出版産業の発展や公募型文学賞の増加と共に同人誌の地位が低下していくと、同人誌の参加者は減少と高齢化の一途をたどり、明治の同人誌と同名の文学雑誌『文學界』では「同人誌探訪」のコーナーをやめるなど文学における同人誌の役割を終えつつある。

 

第二次世界大戦後、藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫などの漫画家が現れ、マンガとアニメの文化が興隆しはじめると、それらの同人誌が登場した。マンガの同人誌は文学の同人誌同様の役割を果たしたが、それ以外に既存作品の二次創作物の発表の場となった。

 

活字のみで表現される文学と異なり、マンガやアニメの二次創作物は比較的制作がプロットといったものから作家の画風、作風など視覚的に模倣すべき要素が多く、どこを模倣しているか分かりやすいことから、マンガ・アニメファンによる同人誌の刊行が相次いだ。

 

それに伴い同人誌の読者も増加し、制作者と読者との相互の交流が活発になるなど活性化し、二次創作物のみならずオリジナルの作品も出るなど、同人文化として一つの分野を形成するに至っている。

 

今や、同人誌欲しさに長蛇の列ができ、「コミケ」と呼ばれるイベントは大きく社会現象にまでなっている。